• ホーム
  • ヘルペス治療薬のゾビラックスの正しい使い方

ヘルペス治療薬のゾビラックスの正しい使い方

2020年06月05日
考えている男性

ゾビラックスはヘルペスの治療に役立つ治療薬ですが、これを用いて症状を改善したいと思っているのであれば、まずは正しい使い方を理解しておくことが大切だと言えるでしょう。これにはアシクロビルという有効成分が配合されており、この有効成分がヘルペスの原因であるウイルスに対して働きかけ、ウイルスのDNA複製を阻止します。DNA複製を阻止されたウイルスは活動することができなくなり、神経節に潜まざるを得なくなって身体に起こっていた水ぶくれなどの症状が緩和されるはずです。このような効果を得るためには正しい飲み方をすることが大切なので、まずはゾビラックスの正しい飲み方を理解することが重要です。

ヘルペスにゾビラックスを服用するのであれば1回でアシクロビルが200mg摂取できるように1日5回摂取しなければなりませんが、同じヘルペスウイルスの1つが原因で発症する帯状疱疹の場合は飲み方が異なるので注意してください。また、服用する人が子供である場合は年齢や症状によって服用量が大きく異なることを知っておかないといけません。大人であっても極端に体重が少ない場合は過剰摂取になってしまう恐れがあるので、医師の指示を受けてから飲むようにしたほうが良いでしょう。

ゾビラックスは症状や体重などに応じて飲む量を調整する必要がありますが、過剰摂取になると精神神経症状や腎臓に対する障害を引き起こしやすくなるので注意してください。正しく飲むことができれば稀に下痢や吐き気などの胃腸症状、めまいや頭痛が起こる程度なので軽い副作用だと言えますが、過剰量の摂取は重い副作用に繋がります。重い副作用の具体的なものには腎不全やアナフィラキシーショック、重い血液成分の異常や皮膚の障害などがあるので、引き起こしてしまうことがないように注意してください。

ヘルペスに対してゾビラックスは高い治療効果を発揮してくれますが、安全で確実な治療を実現するためには正しい服用方法を理解しておくことが重要です。服用を開始する前には正しい飲み方を知って、間違った飲み方をすることがなくなるようにしておきましょう。正しく飲むことができれば重い症状などを引き起こすことなく、確実にヘルペスの治療を進めていくことができるはずです。ゾビラックスは医療機関で処方してもらったり個人輸入通販を利用して手に入れたりすることができますが、いずれのばあいもしっかりと用法用量を守って利用することが大切だと言えるでしょう。